彼女が泣いて喜ぶ?プロポーズを成功に導く婚約指輪の渡し方!

大勢の人がいる前で渡すのはリスクがある

プロポーズをしてから婚約指輪を渡す場合、どういった段取りで進めると彼女に喜んでもらえるのでしょうか。まず、一番注意しなければならないのは、男性が自分の気持ちを最優先しないということです。たとえば、自分がやりたいからという理由で、ダンサーなどを雇い、みんなで踊ってから婚約指輪を渡すといったことをすると、彼女に引かれてしまう可能性もあります。女性側に理想のプロポーズが存在し、サプライズで他人を巻き込む形で渡されるのは絶対に嫌だと思っている場合、失敗の可能性は高くなるでしょう。
なので、彼女の性格を考えて婚約指輪を渡す段取りを決めるべきです。彼女の希望を直接聞かなくても、ある程度、長く付き合っていれば趣味嗜好はだいたいわかるはずです。

渡す場所、渡す日には凝ろう

では、具体的にどのような渡し方だと彼女に喜んでもらえる確率を上げられるでしょうか。まず、シチュエーションと場所には凝りましょう。サプライズは嫌いという女性であっても、二人きりの場所で、ロマンティックに渡してくれるのであればOKということが多いです。部屋に一緒にいるとき、渡すというのもありですが、渡す日だけは特別にした方が女性に喜ばれます。たとえば、彼女の誕生日、あるいは初めて会った日、付き合い始めた日などです。
婚約指輪を彼女に差し出したとき、なにを言うのかも事前に考えておきましょう。なにを言うのか考えないまま、婚約指輪を差し出すと、緊張してしまいとんでもない失言をしてしまう可能性もあるからです。

結婚指輪を千葉で探す場合、数多く存在する専門店の中から品揃えやサポート体制などを比較して選べるため、より納得のいく買い物ができます。