婚約指輪と結婚指輪はどう違う?値段やデザイン例をチェック!

指輪の用途の違いについて

海外の映画やドラマなどで、男性が跪いてプロポーズしているシーンを見た事がある方も多いでしょう。男性がプロポーズする時に、女性に渡している指輪が婚約指輪になります。結婚について意識していないと、結婚指輪と婚約指輪の違いを理解していない人は、実は沢山いるんですよ。婚約指輪は、男性が女性にプロポーズする時にわたす指輪です。そして結婚指輪は、結婚した夫婦がペアで身につける指輪であり、左指の薬指に身につけます。左指の薬指を見れば、既婚者かどうかすぐにわかりますよね。そして一般的にですが、婚約指輪は宝石がついているデザインがほとんどで、結婚指輪は宝石などはなく、あっても小ぶりでシンプルなデザインが一般的なんですよ。

デザインと値段について

結婚する際に、用意が必要な指輪は2つです。2つの指輪の違いですが、男性がプロポーズの時に女性にわたすのが婚約指輪、そして夫婦がペアで左手の薬指に身につける指輪が結婚指輪です。この2つの指輪は、他にもいくつかの違いがあります。まずは、デザインについてです。結婚指輪は昔は給料の3カ月分と言われており、ダイヤモンドがついているのが一般的です。そして結婚指輪のデザインですが、宝石などはついておらずシンプルで細いものが好まれています。これは毎日身に付けるので、邪魔にならず、またどのような服装にも合わせやすいからでしょう。そして値段ですが、婚約指輪は先ほども紹介したように給料の3ヶ月分が一般的でしたが、最近では婚約指輪を必要としない女性も増えています。そして結婚指輪ですが、値段にはとても幅があり、数万円から購入できるものもとっても沢山あります。

婚約指輪を銀座で購入する利点としては、高級店の店名に劣らないスタッフの接客の質が高いこと、店舗が密集しているため、比較しやすいことです。こうした理由から婚約指輪は銀座で購入することをオススメします。